MacBook Air と 女子高生との戦い

MacBook Airを買った。
祐也は11インチで俺は13インチだ。
中身は何も変わらないが、器の大きさが違う。
そう、器の大きさが違うんだ。
祐也の方が軽いから、いいなーとか別に思っていない。
本当だ。

MacBook Airについて知らない人も多いと思うから教えておくね。
薄いパソコンで、その薄さと言ったら、ほぼ包丁。
先っぽで何か切れそう。
何かそう言う実験してる人を見た事あると思う。
MacBook Airでキャベツを切る。見たいな。

MacBook Airは薄さと軽さ、そして性能を備えた優れものだ。

俺は自分の見た事を信じる。
5年前、初めてWindowsパソコンを買った。
同じ頃大地がMacBookを買った。

同じように2年使ってわかった。Macの方が全然いい。
俺は物持ちがいい。
これは絶対的に本当だ。
祐也に聞いてみるといい。
気持ち悪いと言われるほど物持ちがいい。
その俺のパソコンが、
物持ちが悪いで有名な大地のMacBookよりみるみる速度が遅くなってゆく。

衝撃的だった。
もう次はMacBookだ。
そう心に決めた。

MacBookを買ったら、前川がMacBook Airを買った。

どうせスペック悪いだろ。と馬鹿にした。
しかし、どう考えても俺のMacBook pro よりスペック悪いのに
俺のより処理が早かった。

SSDだから、健ちゃんは言う。

次はMacBook Airだ。
俺はそう思って買った。
買う前に健ちゃんは俺にこう言った。
MacBook Airはマジで壊れやすいよ。

それについては一切聞く耳を持たなかった。
今後その忠告を無視した事を後悔しないような人生を歩もうと思う。

お願いね。MacBook Air。
そもそも買ってすぐなんか液晶が黄色い。

まあ、いいけど。

話は変わって、俺がモテなかった時代の話をしよう。
今はモテてるみたいな書き方をしているが、
まあ、そこは想像にお任せしよう。

最近Twitter上ではモテている感じが出ているが
実生活は
まあ、そこは想像にお任せしよう。

高校生の時
眼鏡で、制服のズボンの裾がスネまでしかなかった時代の話だ。

勿論、靴下は真っ白だ。

いつの時代もそうなのかもしれないが、
俺の時代も女子高生はブイブイ言わせていた。
特に集団の女子高生はたちが悪い。
勿論、たちの悪い男子高生もいただろうがそこは一度置いておかせてくれ。

その高校生の時代
ある日、俺はマックで友達を待っていた。
一人でハンバーガーを食べていると、女子高生の一人が俺のスネを事を指差して笑い始めた。
俺の制服の裾の短さを笑ったんだろう。
確かにオシャレでキレイなコ達の集団だった。

クスクス笑って、こそこそ話して、俺と目が合うと笑った。

俺は昔から笑いをとる事に命をかけていた。
でも高校になって、皆がファッションを気にし始めるようになって、本当にズレた。
中学からズレていたのかもしれないが、たまたま一番目立つグループにいたから気づかなかった。
つまり、一番目立つ不良グループのような所に異質なマニアが居た事になる。

しかし、その時はすぐに馬鹿にされているのがわかった。笑いを取ってるんじゃなくて完全に笑われている。
それに気づくと我慢ならなかった。

俺一人であのキレイな女子高生グループと戦うすべはあるのだろうか。
いや、ある。

俺一人の戦いがはじまった。

俺はまず裾を更にまくり上げた。
膝まで上げた。ほぼ半ズボンだ。
そして、中分けを七三に変えて、ほんのり笑顔を作る。
女子高生を見てスマイル。
爆笑(勿論、馬鹿にされている意味で爆笑)

ウインク
爆笑(勿論、馬鹿にされている)

俺の心臓はバクバク言っている。
何と戦っているんだ俺は…

そして立ち上がり敬礼。
もう一度ウインク
立ち去り際に「じゃあね」的な彼氏っぽいサイン。

俺が立ち去った後、大爆笑
勿論、最後まで馬鹿にしていたと思う。
でも、俺は笑わせたんだ。と、ギリギリの精神状態でマックを出た。

友達を待っていた事も忘れて、俺は外に出てしまった。
何と戦っていたんだ俺は…
外で呆然としていると
友達が「遅れてごめん」とやって来た。

ああ、いいよ。とハードボイルドな俺。

友達「どうしたの?」
俺「え?」
友達「いや、半ズボンになってるけど」

俺は半ズボンになっていた。
戦った末の半ズボンなんだ。俺は言った。

その日、俺はそのまま、半ズボンのままいた。
色々考えて、やっぱり悔しいから、半ズボンのままいたんだ。

そしたら、友達にそれもうやめて、恥ずかしいからと言われた。
俺の半ズボンなんて、そんなもんだ。

今回の記事の関連商品はコチラから購入可能

スポンサードリンク

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

自己紹介

こんにちは〜!劇団スカッシュでーす!
ドラマと旅番組をメインに毎月YouTubeに動画を配信してます♪
舞台公演も不定期で行なっております。

劇団スカッシュ(SQUAShfilms)

劇団スカッシュ2ndチャンネル

スポンサードリンク

月別

カウンター

  • 1184198総閲覧数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2014年1月17日カウント開始日: