Bizmates×劇団スカッシュ 精神崩壊寸前!言葉が分からない! 前編

耳元でささやく先生 Bizmates 後編

マストでお願いします。

昨今の、というか昨今に始まった事ではないのだろうけれども、
グローバル化の波がついに我々の劇団にも押し寄せて来た。
都内の小劇場からスタートしたこの劇団が、
YouTubeという世界へ向けた動画プラットフォームでも活動するようになったのだから
当然と言えば当然の流れだろう。
海外のYouTubeクリエイターとの撮影もあるだろうし、実際にバナナの宣伝をするという可能性も今後無い話ではない。
これはいよいよ本格的に英語の勉強するときだな…そんな風に思っている。
そんななか最近耳にするようになったのが
「〜はマストでお願います」
「このスケジュールはフィックスで」
「どうもむこうのコンセンサスがとれていないようで」
いわゆるカタカナビジネス用語というやつ。
劇場の地下で平台を叩きながら仕込みをしていたような演劇人には馴染みのない言葉たちだ。
思うに、グローバル化の中で日本に浸透したカタカナ用語なんだろうけれど、
なぜそこだけカタカナ?
と思ってしまうのは、もう私が出遅れた人間だからだろうか…
劇団内でもビジネス用語がどんどん使われて来ている…
Yuyaさんが言う「来月の撮影スケジュール記入しといたんでこれはフィックスでお願いします」
Daichiさん言う「んー、こっちの方がプライオリティ高いと思うんだけどな」
Tatsuyaさんが言う「よーし、明日の撮影も皆フルコミットで、頼むよ」
…どうにも気分が滅入るので普通の英語を話せるように頑張りたい、そう思う。
そう。今回のBizmates×劇団スカッシュの動画は前後編の二本立てなのでどちらも見て欲しい。
それは本当、
マストでお願いします。
※文章内の会話はフィクションです。
Bizmatesはこちらから!→http://www.bizmates.jp/promo/squash14/

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

自己紹介

こんにちは〜! 劇団スカッシュでーす! ドラマと旅番組をメインに毎週金曜日YouTubeに動画を配信してます♪

 劇団スカッシュ (SQUAShfilms)

 劇団スカッシュ 2nd チャンネル

スポンサードリンク